自動で立ち上がるタワー型LEDバルーンライト

夜間工事の照明はいろいろ苦労することが多いですね。適度な明るさは必要だけれど眩しいのは困ります。セッティングに時間はできるだけ短いほうがいい。また持ち運ぶのもコンパクトでなくては。

今回ご紹介するのは、北米で最近登場した人気商品の膨張型LEDタワーライト「AirLight」です。気球設計のノウハウで、空気により膨張させてLEDの入ったタワーを自立させます。「AirLightシリーズ」には大きさの異なる商品がありますが、今回はコンパクトサイズの「AirLight」でその特徴をご説明いたします。

特徴1 約500㎡を明るく照らします

タワーの高さは約3m、37,000ルーメンの明るさで約500㎡(半径約13m)を明るく照らします。ライトの上部は直接的な光で、柱の部分は間接的な光でやさしく全体を照らします。

特徴2 電源を入れれば素早く自立

電源を差し込むだけで、1分もかからず自立して周りを照らします。動画をご覧ください。

特徴3 便利なコンパクトサイズ

重さ約13kg、直径51cm高さも約50cmで、一人で簡単に持ち運びできる大きさです。

イベントやキャンプにも活躍します

電源は、発電機や車のバッテリーなどで可能ですので、夜間工事だけでなく、イベントやキャンプなどでも活用可能です。

「AirLight」仕様概要

お問い合わせはこちらまで